スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今、妥協していることは何ですか?
こんにちは。土曜担当の桂@定着中です。

前回のセミナーで、投げかけられた質問。
『今、妥協していることは何ですか?』

この言葉を聞いた時、思い出した本がありました。
それが、この本です。


「答え」はあなたの中に在る 逆境を克服したジョンからの14の質問



この本の著者、ジョン・フォッピには両腕がありません。
その為、ジョンは様々な葛藤と戦います。

 一人で服を着ること。一人でトイレに行くこと。
 友達とボーリングをすること。スキーに行くこと。

彼は「腕がない」という理由があっても、妥協せず、
自分なりの解決方法を見出していくのです。


先ほどの質問。
『今、妥協していることは何ですか?』


今、自分が妥協していることはなんだろう?
それは本当に妥協したほうが良いことか?

この本を読み直し、また自分と向き合う時間を作ろうと
考えた土曜の昼過ぎでした。




以下、以前私が書いたこの本のレビューです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■意識がどれだけ人に力を与えてくれるか。その答えをその実体験を通して教えてくれるのが、この本の著者、ジョン・フォッピだ。

■彼には両腕がない。しかし、彼は「誰にでも一つか二つはある、コンディションの違いだ」と言う。
確かに「精神的に落ち込みやすい」とか「癌だ」とかいうことも、彼のいうところの「コンディション」の違いということになるのだろう。

■彼は言う。

 腕が無いのは能力がないという意味ではない。
 腕が無いのは他人への思いやりがないという意味ではない。
 腕が無いのは知性がないという意味ではない。
 腕が無いのは友達がいないという意味ではない。
 腕が無いのはチャンスがないという意味ではない。
 腕が無いのは潜在能力がないという意味ではない。

これらの項目を全て、自分自身の感じている「コンディション」に当てはめて考えてみたらどうだろう?

■私にも彼が抱えているほどのものではないが、コンディションはある。彼がこの本の最後で読者に投げかけた言葉を忘れずに、自分のコンディションと向き合って行こうと思う。

 あらゆる問題には解決策がある。
 だが、あなたはそれを探し求める必要がある。

 あらゆるものは手に入る。
 だが、あなたはそれに手を伸ばす必要がある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト
【2007/07/07 12:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<先を見る力 | ホーム | 考え事・・・>>
コメント
妥協
妥協だらけかもしれません。
一つ一つ解決していきたいです。
【2007/07/08 13:40】 URL | イタリア王 #-[ 編集] | page top↑
なんかね。
なんかね、最近思うんだけど、妥協も有かなって。

でも本当に譲れない事だと、妥協したつもりでもシッカリ敗者復活してくるんだよねー。

それが結構ホンモノに育ったりして。

人生、塞翁が馬 ですねぇ。
【2007/07/09 13:04】 URL | 守屋佳美 #nL6A2.tM[ 編集] | page top↑
塞翁が馬
イタリア王さん>
>妥協だらけかもしれません。
そうですよね。私も同じです。

ちなみに、この記事を書いた後、別の本で精神病患者の退院基準というものを読みました。その一つに「妥協できること」というのがあるそうです。

固い決意はまた折れやすい。柔軟な精神が必要なようです。


守屋さん>
>妥協したつもりでもシッカリ敗者復活してくる
なるほど、自分が本当に妥協したくないものは、「長い目で見ると妥協してなかった!」ってなるものなんですね。
そういわれてみると「妥協している」と感じていることは妥協するべくしてしているのかもしれません。

「頑張ってるよね」と指摘される部分が自分では特に頑張ったつもりもない部分だったりすることも、同じ理屈かもしれないですね。
【2007/07/11 01:29】 URL | 桂 #/5UrdHk2[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://luxnes.blog94.fc2.com/tb.php/29-6209de4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。