スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
コミュニケーションがうまくいかない理由
 こんにちは。金曜担当お米好きの宇治です。
(最近、ヘルシー志向の私の主食はもっぱら”お米”です。)

 もうすぐ8月も終わりですね。私のなが~い夏休み(充電期間)もそろそろ終わりを迎えそうです。
 9月あたりから、”ニート脱出”を目指して就職するため、ただ今、転職活動真っ只中。

 今日のテーマは、そんな転職活動で私が、

 おぅ!コーチング習ったのは、こういうことか!!!
 と実感したことについて書いてみたいと思います。

 
 私が、転職活動の面接で実感したこととは、ずばり

 一つの言葉に対するイメージは、それぞれ人によって違う!”          
           ↓
 よって、

 ”話の中で、お互いに、一つの言葉のイメージを刷り合わせていくことが、コミュニケーションをスムーズにする秘けつ

 ということ。

 
 ”一つの言葉でも、人それぞれイメージが違う”というのは、

 具体的にいうと・・・
  
 ”走る”という言葉に対するイメージは、

 ・Aさんのイメージは・・・「100メートル走を猛ダッシュ」

 ・Bさんのイメージは・・・「早歩きより遅いジョギング」

 というように、同じ”走る”という言葉でも、人それぞれ違うイメージを思い描いていることが多いんですね。

 でも、こういった”イメージの違い”って普段、話している中では意外と気づかないことも・・・
 つまり、「相手は自分と同じだ!」という思い込みが、コミュニケーションがうまくいかない原因だったりもするようです。


 私は、コーチングセミナーで「相手の話をよ~~く聞く」練習の中から、
 「こんなにも、一つの言葉に対するイメージが人それぞれ違うのか~」

ということを実感しました。

 
 今回、私が面接でこのことを体感したのは、

  「営業」という言葉に対するイメージが、私と面接官とは違っていたということ

 私の「営業」に対するイメージ
・・・新規開拓中心で、アフタフォローは人任せ。

 面接官の「営業」に対するイメージ
・・・新規開拓だけでなく、そこで獲得したお客さんと継続的に関係を維持していくためのアフターフォローも含むもの。

 
 私の場合、

 「(自分自身のイメージする)”営業”は嫌い」
でも、 
 「(面接官のイメージする)”営業は”好き」

 というように ”同じ言葉”を使っても、イメージするものの違いによって、”好き”と”嫌い”というように正反対になってしまうんですね。
 このイメージの違いは、それぞれの今までの経験や関わってきた環境の違いから生まれてくるもの。
 
 だから、人と会話するときに

”ひとそれぞれ、一つの言葉に対するイメージは違って当然”ということを意識しているか、していないかによって、コミュニケーションのあり方ってずいぶん変わってくるということを、コーチングで学びました。

 幸い、今回の面接では、面接官の方が私の話をよーく聞いてくださったので、
 面接官の方が「お互い、”営業”に対する考え方が違うんですね。」と言ってくださり、いいムードで話を続けることができました。

 コーチングを学んでからは、こういった何気ない普段のコミュニケーションでの気づきがとっても増えました。
 さてさて、今日はどんな気づきが得られることやら・・・

 みなさんは、こんな”一つの言葉に対するイメージの違い”など実感されたことはありますか? 
スポンサーサイト
【2007/08/24 12:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<結婚式 | ホーム | セミの一生>>
コメント
ふむふむ
本になるね。
すっごく分かりやすい文章。
さすが文才リーダーだ。

言葉のイメージが違うのはたくさんあるよね。
雑念、思い込みを捨てた会話、
それがグッドコミュニケーションへの第一歩なんだね。
【2007/08/24 13:57】 URL | 鈴木翼 #-[ 編集] | page top↑
たくさんあるよ
>こんな”一つの言葉に対するイメージの違い”など実>感されたことはありますか? 

まずここで使われている「実感」という言葉。
イタリア旅行記の中で僕も「実感」という言葉を使っていますが、この言葉の受け取り方は人によって微妙に違うようです。


今週話題に上がったことでいえば、「子供」という言葉。
ただ「子供」と言っただけでは、2~3才の子供なのか、幼稚園児なのか、小学生なのか、伝わりませんね。
ターゲットを明確に絞り込むためには、わかるように伝えなければならないですね。(言葉や絵で補足)


あと、個人的にこだわり(?)があるのは、漢字・ひらがな・カタカナの使い分けですかね。
どれを使うのが自分のイメージに最も近い表現が可能になるか。

たとえば「綺麗」「可愛い」という言葉。
「綺麗」・「きれい」・「キレイ」、
「可愛い」・「かわいい」・「カワイイ」
それぞれイメージ違いますね。
漢字・ひらがな・カタカナで受けるイメージは変わりますね。


メールもそうだよね。
自分の意図した通りに相手に伝わらず誤解された経験も、たくさんあります。

う~ん、むずかしいね。

【2007/08/25 11:06】 URL | イタリア王 #-[ 編集] | page top↑
>鈴木さん

 雑念、思い込みって無意識なもので、そこに気づくこと自体がけっこうむずかしいですよね。でも、コーチングを知って、相手の話を必死に聞こうとすると、そういった思い込みとか雑念が自然と消えていく・・・不思議ですね~

 >イタリア王さん

 ほんと例をあげてみるといっぱいありそうですね。会話じゃなくて、こういった文章でも「漢字かひらがなかカタカナか」でも伝わるイメージって変わりますよね。
 コミュニケーションってほんと奥が深いですね。
【2007/08/26 01:13】 URL | グリーンティー #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://luxnes.blog94.fc2.com/tb.php/65-664f86e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。