スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ムキになる理由
 こんにちは。金曜担当のみそ汁好きの宇治です。(最近、お米派なので、やっぱり「ごはんにはみそ汁」!)

 コーチングを習ってきたおかげであまり最近、感情の浮き沈みをせずに済んでいた私ですが、昨日はちょっと、「人の話を聞けずに」ムキになってしまうことがありました

 それは、夜に家で母親と会話していたときのこと・・・

 話をしながら

「う~ん?なんで私こんなにムキになっているんだろう?」

「なんで今日は、人の話を受け入れられないんだろう?」

 といつもと違う自分に気づいていたものの、うまく感情をコントロールすることができず、反論の嵐。

「なんかおかしいな~???」。

 途中からは、お互いが言いたいことを主張して相手の言うことは耳で聞いていても、「理解しよう」とはせず平行線。

 「これ以上、話してもお互いが気持ち悪くなるだけだな~」とわかっていながらどうにもできず・・・


 それで、その会話の後、自分でよーーーく考えてみたんです。

「なんでさっきの私は、あんなにムキになっていたんだろう?」

「何で”聴こう!”って意識してもできなかったんだろう?」

「私の中の何が、”聴くこと”を拒否していたんだろう?」と。

 

 出た答えは二つ。

 一つ目は、

  「自分の不安なところをズバリつかれた。(=痛いところをつかれた)」から。

 自分の欠点とか、至らないところとか、自分でもわかっちゃいるけど変えられない事、そういうところを人から指摘されるとついつい感情的になってしまうのかな~と思いました。

 母親の言った何気ない言葉
「30歳までには結婚した方が・・・」という言葉に
 
「そんなことないよ!別にみんなに合わせなくったって!」とヤケにムキになってしまった私。

 それは、言葉では「そんなことないよ!」と否定しながら、心のどこかで「やっぱり30歳までには結婚しないといけないのかな?」と不安に思っていたから、そこまでムキになってしまったのかも・・・と後々気づきました。

 逆に言うと、 
「自分がヤケになってしまうことには、自分の不安が隠されている可能性がある!」ということ。

 自分の反応の仕方が、「いつもと違うなあ~」と思うときは、その感情の奥底を探ってみる必要があるのかもしれないですね。


 そして、自分で出した答えの二つ目。

  「人は、相手から言われた言葉よりも自分自身で気づいた言葉の方が心に響く。=自分自身で気づいたことの方が行動を伴う。」ということ。
 
 人からのアドバイスは、もしかしたらそれをその通りにすることが「正しい」のかもしれない。
 でも、本当に人が行動するのは、「その人自身が、そのことをする必要性を自覚して気づいたとき」なんだな~と、コーチングを習ってからは特にそう思うようになりました。

 
 例えば、

ダイエットするには
人から「ダイエットした方がいいんじゃない?」と言われたときより

自分で自分自身の鏡をみて「ダイエットした方がいいな」と気づいたとき


結婚するには
人から「結婚したほうがいいんじゃない?」と言われたときより

自分で幸せそうな親子を見て「結婚したいな」と思ったとき

 つまり、「自分自身で気づいたとき」はじめて行動に移すものなのかな~と思いました。

 
 コーチングはまさに「アドバイス」するより、「その人自身の可能性を信じて、その人自身の中から答えを見つける」もの。
「自分自身で気づいたことが一番自分を説得できるもの」というのは、コーチングを受けることによって、どんどん思ったことが行動できている自分を振り返って感じたことでした。


 普段生活していると、いろんな感情が沸き起こってきますが、その感情にはきっとなんらかの原因があるはず。その原因をさぐってみると意外なことが発見できたりするものだな~と思いました。
スポンサーサイト
【2007/08/31 07:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<二次会狂想曲 | ホーム | 大切なこと・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://luxnes.blog94.fc2.com/tb.php/70-2c6b92fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。