スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
未来の自分
こんばんは、火曜担当・いまぜきです。


先週はお休みしまして、誠に、申し訳ございませんでした。
深く、お詫び申し上げます・・


今日は日記のようなブログです。

今日、職場に大学院生の方がやってきました。
その方の論文テーマが、私の仕事にからんだためで、
簡単なインタビューをされた次第です。
(ちなみにテーマは「紹介予定派遣について」)


普段、年代が上の方々と多く接しているからでしょうか。
学生さんと触れ合う機会が少ないからでしょうか。

・・正直、若さが眩しかったです。
キラキラしてました


そして、自分の学生時代を振り返って
「企業にアプローチして、論文のために取材して、研究して・・
そんな学生の本分のようなこと、果たして私はあの頃やれてただろうか」
ということを考えてしまいました。


今、30代になった私ですが
この先10年後には、きっと今の自分を青臭い、若かったなぁと思うのだろうか・・
そして20年後には?30年後には・・?


未来の自分が、過去の自分を思うとき

「ここはがんばっていたもんな」と誇れる自分でありたいなと思いました


【2007/11/13 19:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
みそ汁の秋
 こんばんは~

 金曜担当の宇治です。

 秋といえば・・・

 みそ汁

 一年中、みそ汁はおいしいですが、だんだん寒くなってくる時期は
みそ汁のありがたみを一層感じますね

 仕事から帰って一息、みそ汁を食べた瞬間はたまりません 
「あ~、こうやって、自分の家で、家族と、何不自由なくごはんを
食べれるってほんと幸せだな~」と・・・。
 この頃、もっぱら食事は親にまかせきりの私ですが、みそ汁だけは
毎晩自分で作って食べてます

 みなさんは、「これを食べると至福のときを味わえる!」という
食べ物、ありませんか?


 さてさて、話題は変わって、

 今週は 第3回 心に響く声を創る新ボイストレーニングセミナー」 が水曜に開催されました。(土曜コースは明日ですね。)

 
 
 感動してしまいました・・・(実は)

 
 「何に?」

 

  「参加者の方々の輝いている姿に!」 

 「人って自分の変化や成長を実感したときにほんとにイキイキとするんだな~」と。

 ・日々の生活で、徐々に自分の声が響いているのに気づいてきた方

 ・鼻に引き続いて、自分の歯まで響いているのに気づいた方

 ・響く声を出すためのマッサージで、冷えや肩こりを解消した方

 などなどみなさんそれぞれが確実に”成長”をとげています。

 この成長は、参加者の方々の日々の実践の賜物、ですね。

  
 前半の3回のセミナーでこんなにも変化した参加者の皆さんの
後半の成長が楽しみですね~
 
【2007/11/09 23:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
朝一番の元気の源
 こんばんは。金曜担当、(この頃仕事が終わった後にバナナを食べる
習慣がマイブーム)の宇治です。(バナナは、体のどこかにいいようです!)

 
 さて、今週のお題

 「知らない人なのに、挨拶をしてしまう空間とは・・・」

 
 この質問を読んでまっさきに思い浮かんだ人・・・

 
 それは・・・・


  毎朝、通勤の駅から会社までの間に会う、交通整備をするおじさん。 

 絶対、このおじさんはいい人です。
話したことは、朝のあいさつの 「おはようございます」のみ。

 でもこの一言に、おじさんのすべてが凝縮されているように思います。

 一番初めにこのおじさんに挨拶されたときは、びっくりしてまともに
挨拶を返せませんでした。
 でも、私のそんなリアクションにも関わらず、おじさんは次の日も
同じように挨拶をしてくれたんです。
 そして、今では「このおじさんと毎朝交わす挨拶が私のちょっとした
元気の素」です。

 このおじさんは、きっと相手の挨拶に対するリアクションなんて
関係なく、どんな人にも自分から挨拶するんだろうなから~と。
 それってけっこうすごいことだと思います。

 挨拶ってほんと奥が深い!出会うすべての人にこころから挨拶
できるような器の大きい人間になりたいな~と思いました。
【2007/11/02 23:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
Re:場面想定コミュニケーションクイズ⑥
水曜担当、山崎です。

こんしゅうのクイズ。
私ちょうど先日、東京ドームに野球を見に行ってました。

(中日ファンです

そもそも、知らない人でも話をするのが好きなので、
基本的にセミナー等に出席すると色んな人に話しかけてしまいます。

そしてもちろん東京ドームでも!
周囲のファンの方々と、話したり、一緒になって喜んだり。


なにか素晴らしいものに触れたり、

素晴らしい空間にいたり、


『この空間を、そして感じた気持ちを自分の中だけにとどめておくのはもったいない!』

というような気持ちになったとき、

自然に周囲の人に挨拶をしたり、話しかけたりしてしまうのではないでしょうか。


大事なのは、『空間』かなと思います。

素晴らしい空間、作っていきたいですね
【2007/10/31 18:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
場面想定コミュニケーションクイズ⑥
火曜担当、いまぜきです。皆さま、こんにちは


さて、リーダーからのお題、考えてみました。


①(一昔前の)ディズニーランド

昔は東京ディズニーランドへ行くと、
見知らぬ人同士、大きな船に乗っている人から、歩行者へ向けて手を振ったり
汽車に乗っている人がアトラクションに乗っている人へ手を振ったり・・
という光景が見られました。
「夢の国にいっしょにいる」仲間意識からでしょうか。


②海外旅行先の同じツアー客

日本人同士に限らず、「こんにちは」「どこから来たの?」といった挨拶は交わされます。
特殊な環境にいて、仲間意識を共有したい顕れ、でしょうか。


この状況探し、なかなか面白いですね

『ついつい仲間意識が生まれ、挨拶する』という状況、

なんだか微笑ましく感じました。
【2007/10/30 18:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
声の魅力
 こんばんは。金曜担当の宇治です。今週はさつもいも好きに拍車がかかって週に4回くらい食べてしまいました

 ただ今、ラグネスで実施中のセミナー 『心に響く声をつくる 新ボイストレーニングセミナー』 
 今週も水曜日に第2回目が開催されました

 話し続けても、喉が枯れないようになりたい。
 東京ドームの会で5万人の前で堂々と司会をしたい。
 日常の会話で、聞き返されないようになりたい・・・

 いろいろな想いをもった方々にご参加いただいています。

 全身をスピーカーにして、体全体を響かせより人の心に響く声をつくるべく、いろんなところをモミモミしたり、ブンブンしたり・・・

 私もスタッフをしながら受講生として参加しています。
そのおかげで、この頃いろんな人の『声』に興味深深

 『声』ってけっこう奥が深いですよね・・・

 なぜか聞くと「じ~んとくる」ナレーターの人(NHKのプロジェクトXのナレーターの人など)

 なぜか聞くと「今日も一日元気にがんばろう!」と思わせるラジオのパーソナリティー

 などなど、同じ内容でも話す人の声によって伝わってくるものって
変わるんだな~と改めて実感


 このセミナーでもっともっと声の秘密に迫っていきたいな~と思う今日この頃です
 
【2007/10/26 20:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
たった一年・・・
こんばんは

水曜担当、山崎です。


今日は少し、人との出逢いについて書きたいと思います。


ご存知のように、私山崎は社会人1年生。
(え?ご存知ない??笑)


昨年までは、大阪にて大学生をやっていました。

それまでは、ずっと実家である三重に住んでいました。

たった4年間しかいなかった大阪ですが、今でもたまに大阪に帰りたいと思うほど、大事な出逢いが沢山ありました。


大学の友人や、アルバイト先の仲間や、・・・・

数えればキリがありません。


そして、大学3年の12月から始めた就職活動。

ここで多くの、輝く社会人の方との出逢いがありました。


それまで、サラリーマンなんかになるものかと思っていた私でしたが、

就職活動を通して、自分の仕事に誇りを持って働いている社会人』の多さに、驚きと同時に感動を覚えました。

就職活動で落ち込んでも、

そういう人達がいる会社説明会に出席すると元気が出ました。


多くの元気と、成長をもらえたと思います。


ちょうど一年前、

大阪での就職活動に疲れた私は、

環境を変えるために東京に出てきました。


就職先を東京にすることに、迷いはありませんでした。

知り合いも誰も居ない土地。

そんなところで一から始めようという勇気をくれたのも、

やはり大阪での出逢いでした。


4年前、同じく知り合いが一人も居ない大阪に出てきて、多くの大切な出逢いを経験できた。


東京に行っても、間違いなくすばらしい出逢いが待っている。

それだけ、信じて疑いませんでした。


そして、1年後。

今は、ある企業の人事として、毎月沢山の学生と出逢わせてもらっています。


そしてラグネス・・・


あれからたった一年の間に、私は本当に沢山の出逢うことが出来ています。


東京に来なければ、今私の周りに居るほとんどの人とはおそらく一生出逢っていません。

小さなきっかけが、たった一年の間に素晴らしい出逢いを授けてくれました。


色んな出逢いがありますが、

あの時もらった元気や成長・・・

これからは少しでも、出逢った人に還元していきたいと思います。




【2007/10/24 19:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分勝手なフィルター
火曜担当・・のはずが、水曜担当のようになってしまいました。

いまぜきです
山崎さん、すみませんでした


裁判所。

傍聴の経験、私はないです。
下記のリーダーのレポートを読むと、とても興味深いと思いました。
「人生劇場」、ですね。まさに。
空気の密度が濃そうな空間ですね・・。


さて、ここ最近思ったことを1つ。


先日、友人の結婚式に出席しました。
久しぶりに集まった仲間と共に、新郎新婦はその仲間内同士だったので
みなで盛大に祝福しました・・。
と言いたい所なのですが、そこでがっかりしたことが何点か。

久しぶりに会った友人の何人かに「あれ?」と違和感を感じること数回。


例えば

挙式に遅刻、披露宴にも遅刻・・
男子3人、連れタバコを披露宴の最中にも何回か・・
人のスピーチや余興を批判・・(おめでたい席なのに)


とてもがっかりすると同時に、なぜ?と思ってしまいました

人としての思いやりに欠けるなぁ、成長してないなぁ、
いろいろ思ったものですが

最後にたどり着いたのが
私は彼らに 「こうあってほしい」というイメージを押し付け過ぎなのかな、ということ。

自分にとっては大切な友人⇒自分にとって◎な態度・行動・言動をしてほしい!

それに反した行動を取られると・・・⇒ゲンメツ、あれ、こんな人だったっけ?勝手にがっかり


要するに、人に対して私は「私視点のフィルター」を持ちすぎているのかなぁと。

「人と接するときは、ニュートラルで」という友人がくれた言葉を
実行してみようかと思う、今日この頃です。

【2007/10/24 19:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
約束は約束!
 こんにちは。金曜担当の宇治です。今週は、いくつかのおいし~いものに出会って、それだけでかなり幸せ~を感じました。人間、おいしいものを食べるだけで、こんなに幸せになれるもんかと自分でもびっくり!

 さてさて、今週のクイズ

 「カラオケ屋で、時間延長したお客さんが延長料金を払いたくない、と言ってきたらどう対応するか?」

 私だったら

 「払ってもらう!」

 理由は、

 「それがお店のルールだから。一人の人にだけルール外のことをしたら、それ以外の普通のお客さんに失礼だから。」

 このクイズ、予定時間を20分オーバーしている、ということは明らかに確信犯。その時、お金を持っていようがなかろうが、払ってもらう他ないと思います。

 お金を払ってもらうのに、ケンカ腰になってもダメだと思うので、相手の気持ちも踏まえた上で

 「確かに、カラオケしてると時間を忘れて歌っちゃいますよね~。でも延長したらその分みなさんからお金を頂いているもので、お客様だけから頂かないというわけにはいかないので・・・」
 というような感じで伝えるのがいいのではないかと・・・

 最後に、クイズとは全く関係ありませんが、私が今週食べた絶品のおいしいものとは・・・

 「プレーンヨーグルトにレーズンを一日漬け込んだもの」

 こうすると、ヨーグルトはクリーミーでレーズンはふっくら。ぜひぜひみなさんもお試しを!
【2007/10/19 21:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
こんにちは。
水曜担当山崎です。

さて今回もコミュニケーションクイズ回答です!

あくまで、『コミュニケーション』クイズですから、
コミュニケーションが大切!!

ということで、今回はどんなコミュニケーションを図っていけばいいのか。


ちょうど先日、あるセミナーで偶然これと似たようなケーススタディを致しました。

そこで学んだことは、それは

■相手が本当に求めていることを、知る
■どうすれば、win-win(お互いが満足)の状態になれるかを、 共に探っていく


でした。
文字にはしましたが、かなり難しいコミュニケーションです。

今回のお客様の場合、

★事前に延長料金を頂くことを伝えてある
★お客様が「自分の時計では14分だ」とおっしゃっている


事から、お客様の中では

『15分以上の延長=追加料金の発生』

を認識はされていると、捉えることは出来ます。

さらに、

「払うお金を持っていない」

とおっしゃっていることから、すでに延長料金がかかるということは認識されているものだと思われます。

さぁそこで、店員はどうするか。

■本当に、財布にお金が無いのか
■そもそもお金を払いたくないのか


状況としては、こんなところだと思います。

私としては、
とにかくはまず会話をしてお客様の本当にして欲しいことを聞き出すこと。そしてこの時点で店側に不備がない場合、毅然とした態度をとることも必要はないかと感じます。
(※これは、すでに相手側に全くコミュニケーションを図る意思がない場合です)

少しでも解決の糸口を見い出せるのであれば、ある程度こちらも歩み寄りの姿勢を見せることも必要だと思われます。
もちろんお客様に納得して頂いたとしても、店長に報告し、後ほど店長からも連絡をして頂くことも必要だと思います。


イメージのしにくい回答で申し訳ありません。

ただ、いまぜきさんも言われている通り、ケースバイケースでしょう。
しかし忘れてはいけないのは、

■お客様が何を求めているのかを決め付けない
■会話を通して、最善の解決策を探し出す


この2点であると思います。
以上、私の回答です。

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

【2007/10/17 17:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。